Coinagereview

Aimed to enlighten potential investors about the pros and cons of bitcoin

ナッジ理論と仮想通貨

もしも、これから仮想通貨の技術が進み、法整備が進み、法定通貨を用いるよりもメリットが大きくなったとする。

 

そこであなたは元から法定通貨を使って来たので、これから仮想通貨にシフトするか迷っている。

 

先程、仮想通貨の方がメリットが大きいと説明したので合理的な判断は仮想通貨にシフトすることだろう。

 

しかし、おそらく多くの人々はそうしない。

 

なぜなら、面倒臭いからだ。

 

そもそも、人々にはすでに仮想通貨が怪しいものだという認識が植え付けられている。

 

それに、おそらく人々は仮想通貨の仕組みを理解するまで、使いたがらないだろう。仮想通貨の仕組みは残念ながら割と複雑であり、理解するのに時間がかかる場合が多い。

 

いくら仮想通貨を利用するメリットが高くなっても、それを「理解して」もらうまでは、一般的に受け入れられるものにはならないのである。

 

これはメリットを考えた時には合理的な判断とは言えない。

 

ここで必要になるのが行動経済学でいう「ナッジ理論」だ。

 

仮想通貨を使うように働きかけるまで、人々は使うようにならない。

 

仮想通貨がいかに理解しやすくて、怪しくないかを説得すりことで始めて利用するようになる。

 

この過程を省けば、いつになっても仮想通貨は理解されず、一般的に普及することはない。

 

仮想通貨をより普及させるには、一般市民をナッジする必要があるのだ。