Coinagereview

Aimed to enlighten potential investors about the pros and cons of bitcoin

自宅でマイニング

自宅でマイニングできる仮想通貨もあります。

 

たとえば、ビットゼニーやモナコインなど。

 

ビットコインイーサリアムもマイニングできなくはないですが、圧倒的に不利な立場に立たされることになり、投資費用の回収は難しいでしょう。

 

しかし、ビットゼニーやモナコインであれば、一人で、またはオンラインのマイニングプールに参加する事で投資費用を上回るリターンを得ることは可能です。

 

すでに性能のいいパソコンがあれば、初期費用はぐっと抑えられますしね。

 

最近、ビットゼニーをはじめとする草コインの値動きが低いままで推移しているのですが、これから値上がりすること可能性が否定できないことを考えると、今が参入するべき時かも知れません。

参入と宣伝

仮想通貨事業に参入すると、宣伝効果が発生します。

 

というのも、一般的なビジネスは仮想通貨やマイニング、ブロックチェーンまどと密接な関わりを持っていません。

 

そのため、「あの会社が仮想通貨に参入した!」なんていうようにメディアに取り上げられ、自社をアピールできます。

 

そうすることで、広告費を使わずとも、自社ブランドの認知増加につなげることができるのです。

勉強するモチベーション

最近仮想通貨に関する世間からの注目が格段に減ってきていると感じます。

 

これはおそらくずっと価格の変動が思ったほどないことに原因があると考えます。

 

しかし逆に価格の変動が少ないのはいいことなのです。

 

なぜなら決済に用いられやすくなるからです。

 

もしも、価格が変動しまくっていたら決済には使いづらいですよね。

 

ですので「仮想通貨の価格が安定してきている!」というようなことも割と歓迎するニュースなのではないのでしょうか?

高度に仮想通貨投資

仮想通貨は影響力のある人たちの発言で、よくその価格をあげたりy、下げたりします。

 

ツイッターやその他SNSで彼らの発言をスクレイピングして、ネガポジ判定することができれば、その通貨が上がるか下がるか分かるかもしれません。

 

そこに自動売買機能を備え付ければ、発言が出るのと同時に、いち早く売買ができるようになりますね。

 

しかし、ネガポジ判定ではたまに本質をつかみきれずに、損する可能性も否めません。

 

特に長期投資の場合は、本質を理解することが重要になってきますので、長期投資には向かないでしょう。

 

 

ブロックチェーンとIoT:2

最近注目を集めているのはブロックチェーンですが、IoTも負けてないはずです。

 

最近はRaspberry piとか有能なI2Cなどが出てきているので、個人でもIoT作品を作ることができます。

 

これはブロックチェーンよりも注目を集めてもいいと思うのですが、注目が集まらないのはなぜでしょう、、、

 

おそらくメディアでのカバレージが足らないことも理由の一つかもしれません。

 

このブログでもIoTについてどんどん取り上げていきたいと思います!

ブロックチェーンとIoT

ブロックチェーンとIoTは両方、今後伸びゆく分野でしょう。

 

そしてブロックチェーンとIoTはお互いの相性も良いのです。

 

IOTは基本的に分散しています。

 

多くの人が使い、アクセスも多いです。

 

そのせいでデータベースサーバーも高いものを用意しなければなりません。

 

そのため分散型であるブロックチェーン技術を取り入れることは、ある意味理にかなっていることなのです。

 

 

仮想通貨は私的財

仮想通貨はマイニングされる前の状態では公共財です。

 

その後、誰かが所持すると私的財になります。

 

なぜなら公共財であれば二重使用が起きて、通貨として成り立たなくなるからです。

 

非中央集権なので公共財と考えがちですが、ちょっと特殊なので気をつけましょう。

仮想通貨はダイエットのようにはいかない

仮想通貨はダイエットのようにならないですね。

 

これはどういうことかというと、ダイエットには注目を浴びるものが次々と変わるということです。

 

ダイエットというくくりのなかには食育から栄養学、生活習慣など多くのワードが含まれます。

 

納豆に注目が集まったと思えば、次はアボカド。

 

というように、コロコロと話題が移り変わります。

 

仮想通貨もビットコインからイーサリアムに移り変わったりしますが、世間の注目やその熱中度はあまり変わらない気がします。

 

これには食というものが我々の身近なものだということに起因しているでしょう。

 

もしも、仮想通貨が私達にとってより身近に、決済手段として実用的になれば様々な種類の仮想通貨に注目が集まってくるのでしょう。

文字量と読者

文字量は多ければ良いというものではありません。

 

しかし少なくても良いというわけではないようです。

 

このブログはかつて1000文字以上を毎日更新していました。

 

しかし、ある日から200文字前後にして見ました。

 

最初の方は読者数は変わらなかったものの、徐々に減っていきました。

 

この文量を3ヶ月ほど続けている今では、恐ろしいほど減っています。

 

ですので最低はやはり1000文字ではないでしょうか。

 

1000文字くらいないと、伝えたいものgしっくり伝わらないからかもしれません。

 

ということで、文字量と読者の数はおおいに関係あるということがわかりました。

仮想通貨、億り人300人

仮想通貨で億り人になった人が300人なのだそうです。

 

これを政府は適正な人数だとしていますが、実際にところは分かりません。

 

なぜなら売却しないまま、資産が億り人になっている人が多くいるからです。

 

利益確定して、税計算をして初めて億り人になるのですが、そこまでしている人はそう多くないかもしれません。

 

いわゆるガチホをしている人が多いと思いますので、現金に変換して億り人になった人は300人くらいなのかもしれませんね。