Coinagereview

Aimed to enlighten potential investors about the pros and cons of bitcoin

ステータスをブロックチェーンに

ブロックチェーンをステータスに使うことになるにはもはや確実でしょう。

 

学歴詐称や資格に詐欺などはブロックチェーンが普及すると、通用し無くなります。

 

導入も楽で、普及もその分早いでしょう。

 

IDチェックなどもすぐに広がり、未成年飲酒も大幅に減少するでしょう。

 

ステータスと個人情報をブロックチェーンにのせたものを全てQRコードにふくめ、それをスキャンするだけで、目視の必要は無くなるのではないでしょうか。

 

資格証明することは人の目で検証するという形ではなく、自動改札機を通るというような感じになると思います。

ポスト産業資本主義の仮想通貨

仮想通貨はポスト産業資本主義に生まれてきました。

 

ということは、もはや規模の経済は通用しなくなってくるということです。

 

ビットコインがある意味規模の経済で攻めている感じが否めません。

 

もっと差異性を追求し、違った特性を持ったリップルイーサリアムなんかが案外基軸通貨になっていくかも知れませんね。

別にICOじゃなくていい

資金集めは別にICOじゃなくてもいいですよね。

 

IT化と金融の自由化によってありとあらゆる手段でお金を借りることができるようになりました。

 

それに現在は量的緩和が行われ、世の中にお金が有り余っています。

 

ICOという手段を使わなくとも、さまざまな手段でお金を集めることができるでしょう。

仮想通貨専門コンサル

仮想通貨専門コンサルなってあったらおもしろいと思います。

 

あるプラットフォーム内で仮想通貨を普及させたい時に、その導入や最適なマーケティングなどを考えるコンサルです。

 

地味にこれから需要が出てきそうなことなので、仮想通貨専門コンサルはこれから増えていきそうですね。

仮想通貨のアフィリエイトは期待するな

仮想通貨のアフィリエイトは期待するな。

 

このブログもマネタイズはされており、利益発生もありますが、利益は本当にごくわずか、、、

 

維持費を地味に上回るレベルです。

 

というか、そもそもそこまでマネタイズには全然と言っていいほど力を入れてきませんでした。

 

そこで、ふと気づいたのですが、仮想通貨のアフィリエイトプログラムはだいたいもう期待できるようなものは残っていないということです。

 

マネタイズはやはり仮想通貨を受け取るシステムのものが良いです。

 

というのも、ブロックチェーン関連のサイトは仮想通貨を提供しているところが多いからです。

 

ASPアドセンスだけでなく、そういったウェブサイトを模索する一つの手でしょう。

仮想通貨の外部性

外部性とはざっくりと、そのものが外部におよぼす影響のことを言います。

 

負の外部性といい、外部に与える悪影響もこれに含まれます。

 

仮想通貨の外部性は何かというと、ゼロです。

 

仮想通貨には実態がありません。そのためにそのものがその周辺に及ぼす影響は本質的にはないのです。

 

しかし仮想通貨を保有している人には実態があります。

 

もしも、仮想通貨に外部性を見出すのであれば、保有している人、もしくはマイニングシステムに着目するのが良いでしょう。

 

特にマイニングシステムは外部性が大きいです。

 

消費電力が大きく、熱を発します。また、雇用も生み出します。

 

このように仮想通貨自体には外部性がなくとも、仮想通貨を構成する環境要因には外部性があり得るのです。

ブロックチェーンで固めてしまえ

この世の中にあるものすべてブロックチェーン化してブロックチェーンで固めてしまえ。

 

そう思う人がたまにいます。

 

しかし、考えてみてください。

 

一度ブロックチェーン化してしまうと、元に戻すのが非常に難しいです。

 

それをするのであれば、ブロックチェーンに載せる前にしっかりとチェックしなければなりません。

 

なぜなら間違えた情報をブロックチェーンにのせてしまうと、後戻りできないからです。

 

これも非常に面倒くさいことです。

 

ですのでブロックチェーン化すべきことはあると思いますが、全部をブロックチェーン化してしまうのは違うと思います。

ブロックチェーン口頭契約

口約束は曖昧です。

 

性交渉の同意は特に問題になりがちで、一歩間違えると、大変なことになりかねません。

 

実はこの問題を解決するために、性交渉の際に同意を求めるブロックチェーンアプリがあります。

 

これから、こういったアプリが普及していったら、男女ともに住みやすい社会になるのは間違いないですね。

ブロックチェーンは応用ばかり

ブロックチェーンは応用ばかり。

 

ブロックチェーンを用いて〇〇のサービスを作りました!

 

ブロックチェーン技術を導入しました!

といったようなものばかりで、ブロックチェーンそのものに関する技術進歩はあんまり見られないような気がします。

 

応用がいくら進んでも、基礎の部分がしっかりしていないとダメなので、これから土台づくりをもっと強化していく動きに期待したいです。

 

信用という武器

アメリカが金本位制を廃止してから、信用というものに、まかせて私たちは紙を価値あるものとして認めてきました。

 

信用さえあれば、なんでも価値がつくのです。

 

吐き捨てたチューインガムにさえ、信用がつけば価値が付きます。

 

この理論を仮想通貨は応用しただけです。

 

犬のコインをつくったり、わけのわからないコインを量産したりというのは、実は信用をつけているだけなのです。

 

犬でもサムライでもなんでもいいのです。

 

そう考えたら、空気さえ価値をつけることができそうですが、それはあまりにも自然に普及しすぎた資源なので、難しそうです。